工事

災害対策に活用しよう

外国と比べ、自然災害が多い日本にとっては、平板載荷試験を活用するメリットは大きく、地盤の強固な土地に建物を建てることは、個人のためはもちろん、災害対策や地震による液状化対策などになり、国全体のためにもなるといえる。

Menu

工事現場

地盤調査の方法

地盤調査の方法には様々な方法がありますが、一般的に用いられているのはスウェーデン式サウンディング試験です。ただ、この試験では点での調査になりますので、面での調査である平板載荷試験をする人が増えています。

重機

直接測定可能な地盤調査

平板載荷試験は、地盤の支持力を直接測定できる唯一の方法で、時間がかからず作業員2人でできる手軽さがあることからプレハブのような簡易建物の地盤調査に使われます。また、何か所も調査しなければいけない道路の地盤調査にも使われます。

作業員

短時間の調査で人気

地盤調査の方法の中でも平板載荷試験は他方法より短時間で調査ができるとあって人気になっています。平板載荷試験は1日に何回も調査ができるので、何か所も試験をするときにはかかる日数が短くなるので費用も安くあげることができます。

作業員

スピーディな地盤調査

個人宅の住宅の地盤調査にはスウェーデン式サウンディング試験を使うことが多く、1件当たり50,000円程度になることが多いです。平板載荷試験はそれより価格はあがりますが、素早く試験ができるメリットがあるので、簡易住宅や道路の地盤調査に利用されています。

直接沈下量を測定する試験

機械

熟練した技術者が行うこと

地盤調査のうち平板載荷試験は、敷地内に直径30cmの鋼鉄製の円盤を地面に押しつけておき、その上に重機など建物の重さを想定した重量物を置いて、どれくらい沈下するかを時間ごとに測定する試験です。他の地盤調査方法と異なり、直接沈下量を測れることが特徴で、信頼性の高い試験方法として知られています。平板載荷試験は試験にかかる時間が短いことから、プレハブなどの簡易的建物や道路工事のときにもよく利用されている地盤検査方法です。平板載荷試験は信頼性の高い試験なのですが、これは経験豊富な技術者が慎重に準備と測定をした場合になります。平板載荷試験を実施する場所を敷地の中から決めますが、建物の種類や大きさ、それに地盤の構成物から充分に検討して場所を決めなければいけません。測定する地盤を水平に整地してから平板載荷試験を行いますが、時間が経過してしまうと地盤が崩れることもあるので、試験直前に素早く行わなければいけません。試験中も地盤が変化しないように周辺を養生しておかなければいけません。荷重をかけるときは必ず地面に対して垂直に力が加わるようにしなければならず、最大荷重の120%の重量をかけるようにします。試験中は荷重の増減は基本的に5分間隔で行いますが、荷重の増減や結果の測定は速やかに一定速度で行わなければ正しい測定結果が出ないため、平板載荷試験に慣れている技術者でなければ正しい測定結果が得られないのです。

Copyright© 2018 平板載荷試験の依頼【内容を確認しておこう】 All Rights Reserved.