Menu

スピーディな地盤調査

作業員

簡易住宅や路面向き

昭和の時代から大きな地震が来るたびに、建物の基準が厳しくなったり、地盤調査をする必要がでたりとしていますが、今では新たな建物を建てる時には必ず地盤調査をしなければならないと法律で定められています。地盤調査の方法は何種類もありますが、個人宅の新設にはほとんどスウェーデン式サウンディング試験を用いて行われています。その理由は、持ち込む機器が小型で技術者1人でも試験ができることから地盤調査にかかる費用を安くできるメリットがあるためです。自動で計測する機器を持ち込んだ場合には、基本料金は1件当たり50,000円位になることが多いです。しかし、スウェーデン式サウンディング試験は、やや時間がかかることと大規模な住宅の試験には向いていないことで、プレハブのような簡易的建物の地盤調査は素早く行う必要があり、そんなときには時間がかからない平板載荷試験を使用します。平板載荷試験の費用は、1か所あたりの料金でスウェーデン式サウンディグ試験と比較すると30,000円位高価になりますが、1日で調査できる件数が多くなるので、プレハブや簡易住宅を大量に建設しなければならないときには平板載荷試験のスピードは大きなメリットになります。平板載荷試験は建物の新設以外にも路面の地盤調査にも使用されます。道路は連続していて、住宅よりもずっと広い面積があることが普通なので、何か所も地盤調査をするときには平板載荷試験が向いています。

Copyright© 2018 平板載荷試験の依頼【内容を確認しておこう】 All Rights Reserved.