Menu

短時間の調査で人気

作業員

費用が安くなります

地盤調査は建物を新築したり、道路を建設する時には工事の後に建物が傾いたり、道路がゆがむのを防ぐために必ずしなければならないことです。地盤調査の方法は、個人が建てる木造住宅ではスウェーデン式サウンディング試験が、マンションなどの大型の建物にはボーリング試験が使うのが一般的ですが、小さな建物や簡易住宅、または道路工事のときには平板載荷試験を行うことが多く、短時間で調査できることが人気になっています。スウェーデン式サウンディング試験は試験に使う機械は小型なので持ち運びや据え付けと撤去が簡単ですが、1回の試験で5か所のポイントを調査しますので、1日に一か所の地盤試験しかできません。ボーリング試験は機器が大きいため据え付けに時間がかかります。平板載荷試験は1回の地盤調査は1か所だけで良く、調査に使う機器も大きくても小型クレーン程度なので据え付けや搬入は難しくありません。そのため、1日に2か所や3か所の地盤調査が可能になってくるのです。道路のように長い土地の地盤調査をするときには、何か所も地盤調査をしなければいけないので、平板載荷試験は最適な方法といえます。地盤調査にかかる費用は基本料金の他に、調査するポイントの数と日数で決まってきます。平板載荷試験は1日に何回も地盤調査試験をすることができるので、何か所も地盤調査をしなければいけないときは、他の方法よりも日数を少なくすることができるので、費用を安くあげることも人気の理由のひとつになっています。

Copyright© 2018 平板載荷試験の依頼【内容を確認しておこう】 All Rights Reserved.