Menu

災害対策に活用しよう

工事

災害対策への活用方法

日本は、外国と比べて自然災害に遭いやすい国土であり、その種類も、台風、地震、津波、火山噴火など実に多種多様です。そのため、個々の災害に応じた対策が必要となってきますが、それには、環境調査を行うことにより、災害が起こりやすい環境についての理解を深めることが重要です。平板載荷試験も、環境調査の一種であり地質調査の一つです。平板載荷試験は、地盤に載荷板を設置して荷重を加え、荷重の大きさと載荷板の沈下との関係から、地番の支持力を調べる目的があります。作業するスペースが、若干大きいという短所はあっても、地盤の安全性を調べるためには大切な試験です。いくら頑丈な建物を建てたとしても、基礎である地盤が軟弱では意味がありませんから、平板載荷試験を活用するメリットは大きいといえます。また、近年起きた東北大震災では、地震による直接的な建物の倒壊、津波、原子力発電所の被害などのほかに、地面が液状化することによる、建物の沈下、傾斜による被害が大きな問題となりました。そのため、東北大震災以後、平板載荷試験の需要が高まっているようです。地震大国である日本では地震対策は必須であり、建物と人とは切っても切れない関係にあることから、これからも、需要は高まるはずです。また、平板載荷試験を行うことにより、より地盤の強固な土地を選んで建物を建てるということは、自然災害が多い日本にとっては、個人だけではなく国全体にメリットがあるといえます。

Copyright© 2018 平板載荷試験の依頼【内容を確認しておこう】 All Rights Reserved.